ポエトリースラムジャパン2019全国大会 観客を見て感じたこと、相方を観て感じたこと

12/2、ポエトリースラムジャパンの全国大会を観てきました。

あれから1日経ったけど、未だに興奮が冷めない。
いやホントすごかった。

思ったまま、正直に書こうと思う。

文章はめちゃくちゃになると思うけど、お許しください。

 

僕が初めてポエトリーリーディグの大会を観たのは、2019年の名古屋大会。

ユニット「分水嶺」の相方、洋々の姿をこの目で見に。

 

初めてのポエトリースラムジャパン。

独特の雰囲気。

喋り手のエネルギーが凄くて、聴き手の自分でさえ、手に汗握り、緊張で震え、そして興奮した。

一人一人ステージに立つごとに

「今度はどんな感情に触れられるのだろう」

とワクワクした。

優勝した長谷川さんには、本当に魅了された。

そしてなんと、洋々も会場賞で決勝進出を決めた。

 

・・・そんな洋々の姿を見ながら、複雑な感情を抱いた。

僕は洋々を尊敬する。
もしかしたら、本人よりも、洋々の可能性を信じてる。

「こんな才能、埋もれたままじゃもったいない」

お袈裟ではなく、本当にそう思ってる。

だから、一緒に組む分水嶺では、彼の力を発揮することが自分の役割だと思ってる。

 

だけど、ステージに立つあの姿を観て、正直嫉妬した。

オーディエンスを魅了する洋々が最高にかっこよくて羨ましかった。

洋々が会場賞をとって全国大会出場を決めた時、

「自分なんかと組んで良いのか?」

なんて思った。

 

 

・・・それから2か月後、ついに全国大会の本番。

名古屋の時は「洋々を観に行く」という目的だったのに、

気付けば「ポエトリースラムジャパン」自体がものすごく楽しみだった。

 

「全国で勝ち抜いてきた人たちはどんな詩を披露するんだろう」

「名古屋大会で優勝した長谷川さんの詩にもう一度触れたい」

・・・そして、やっぱり全国でも存分で力を発揮する洋々の姿を観たかった。

 

建物を見上げながら「こんなとこでやるのか」と、出場しない自分ですら緊張を感じた。

 

会場に入った途端、耳にするポエトリーラップのBGM。
やはりPSJ全国大会。すげえ。

「このステージで、たくさんの人の前でやるのか」

そう思ったら、やっぱり相方が羨ましい。

その姿をみた友達が笑ってくれて、ちょっと救われた。

 

 

本番。

会場に響き渡るシンプルだけども染みる詩

かっこいいラップと思ったら最後には泣ける詩

自分の空気で会場全体を包んだ詩

アクロバティックなパフォーマンス

純正な詩

生きるエネルギーそのものな詩

住んでるその土地の空気をそのまま触れさせてくれる詩

 

予選同様に出場者皆が個性の塊で、制限時間の3分があっという間に感じた。

もはや「ポエトリー(詩)」という言葉で収まりきれない。

 

そんな中洋々もしっかり自分の力を出した。

身近な存在だけども、やっぱりすげえ。

 

結果、洋々はAグループ7人中2位通過で優勝決定戦、進出。

無意識のうちにガッツポーズをしていた。やっぱり嬉しかったんだ。

今思い出しても泣きそう。

 

ちなみに決勝の前、ゲストライブで出演した高橋久美子さん。

僕が高校3年間、大好きでなんども聴いてたチャットモンチーのドラム。

まさかこんな形でお目にかかれると思わなかった。嬉しかったなぁ。

 

 

決勝。

一人一人のパフォーマンスを聴きながら思った。

「まだ終わらないでくれ」

3分が体感1分ぐらいに感じた。

音楽なし、道具なし、使うのはマイクだけ。

そのマイクだけでこれだけ人を感動させることができるのか。

強者たちの中、洋々はやりきった。

 

決勝4人のステージが終わった後、
結果だけ聞いてすぐ帰ろうと、出口付近でステージを眺めていた。

そしたら洋々がいた。

すごく清々しい顔をしていた。

「どんな結果でももう出し切った。悔いはないよ」

今まで見た中で一番たくましい姿だった。

そんな姿をみて、また思った。

「こんな人と自分が一緒に組んでいいのか」

思ったことがそのまま口から出てた。

したら

「自分の良さを一番引き出してくれるのはお前だよ」

だって。

そのまま司会の猫道さんに名前を呼ばれて、洋々はステージに上がっていった。

そういえば猫道さんが、

「ポエトリースラムジャパンは終わってからが勝負」

って言ってたなぁ。

 

これからが勝負。

本当に心強い相方がいることを確信した。

 

 

ポエトリースラムジャパン、最高に楽しかった。

全国大会はもちろん、名古屋大会でも本当に素晴らしい詩人たちの詩に触れて幸せでした。

優勝した寝太郎さんは、心の中でスタンディングオーベーションした。震えた。やばかった。

また一人一人感想を書くと日があけてしまうので、ここで書ききれないのだけど、

目綿灯さんや長谷川さん、TASKEさん、

直接「よかったです!」って言える勇気がなかったので、ここで書かせてください。めちゃくちゃ好きでした。

 

あぁ、もう深夜だ。

でも、この日のことを思い出したらえ寝れなかったんだ。

こうして文にして感情を吐き出さないとねれる気がしなかった。

すっきりした。

すべての詩が本当に素敵でした。最高だった。

めちゃくちゃエネルギーもらいました。

ありがとうございました。

 

 

猿吉(弾き語り) ライブ予定

 

13(金)「ランドオブミュージック!」 静岡市

出演 猿吉、コメカミ爆弾、斎藤ゆうた、岩田翔
芹沢ミユ、DeFlava
(出演時間19:00)

開場18:00 開演19:00 ¥1,000 ※学生半額!

 

12/27  鑪場 名古屋 19:00〜

(出番 19:00~19:20)

「無条件フェスタ!」

鑪ら場主催の応募型アコースティックイベント

18:30 / 19:00 ■ 1,000円(+1D)

 

2020年1月11日(土)

夜空と月のピアス(名古屋)

OPEN 17:30 START 18:00

前売/当日1900円 (別途D代600円要)

出演 猿吉(静岡) FJスズキ(静岡) 永尾勇祐(香川) 樋口智美 青春ひとりぼっち。 二村ユーリ
(出演時間未定)

OPEN 17:30 START 18:00

 

☆2020年2月9日(日) 夜空と月のピアスPre. 「NIKU MAX2020」(2会場ライブサーキット)(名古屋)

バナナ珈琲 OPEN 15:00 START 15:30

夜空と月のピアス OPEN 15:00 START 16:00

前売/当日3100円 (肉盛丼&1ドリンク付き)

出演 ザ・青春シグナル タマキング 山口こうじ 日々かりめろ 松本耕平 てふてふ 坂上太一 THE NATURALKILLERS MAGENTA RODEO 秋山カラスウリ 猿吉 きゃんべる☆ スノハラケイイチ
(出演時間未定)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です