「誰かに影響を与える」ということ

つい先日、身内の集まりで、分水嶺で歌わせていただける機会がありました。

ライブ自体は、自分的に納得のいくもんではありませんでした。

でも、そのライブを見たのがきっかけで、ギターを始めたという人がいたそう。

 

僕らの活動を見て、少なからず、何かのきっかけになったという話を聞く。

その輪はまだまだ身内の中で収まっている。

けど、

僕がたくさんの音楽に支えられ、励まされ、勇気をもらったように、誰かにとって分水嶺の音楽が何かのきっかけになった。

それが嬉しくて嬉しくて。

音楽をやってよかったと、思いました。

もちろん、これで満足してしまうわけはない。

それなら、音楽やる意味はない。

分水嶺の音楽が、もっともっと、たくさんの人に届き、そして何かのきっかけになって欲しいです。

もちろん、音楽をやるのは、自分のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。