普通の人生って難しい

どうも、猿吉です。

以前、自転車で日本各地を旅行していたことがあったんですが、ある日、父に電話で

「頼むから普通の人生を送ってくれ」

って言われたことがあったんですよ。

・・・その言葉は今でもずっと頭の中に残っていて、ふとした時に思い出すことがあります。

 

普通の人生ってそもそも何?

そこそも、普通の人生ってなんだろう?

一般企業に就職→結婚→出産→マイホーム

・・・ぼくの父が言ってたのはこのことかな、と思います。

父自身もこのような人生を歩んできた人なので。

 

・・・でも、それをぼくや他の人にもあてはめるって、どうなんだろうって思うんです。

もちろん親心で心配してくれたのは分かってる。

だけども、僕は父じゃない。家族だけど、同じ人間じゃない。

得意なこと、不得意なこと、興味のあることないこと、価値観・・・

いろんなことが違う。

父は安定した給料、絵にかいたような幸せな家庭、マイホーム

これらを父の価値観的が魅力と判断し、今までの人生を歩んだかもしれません。

・・・でも、ぼくは安定した給料やマイホームには、まったく魅力を感じなかったんです。

だから、「普通の人生を生きてくれ」と言われてもまったくピンとこなかったし、むしろ苦しかった。

 

普通の人生なんてない。100人いれば100通りの人生がある

f:id:journeykk:20160426134253j:plain

そもそも「普通の人生」ってのは存在しないんですよ。

ってか普通ってなんだよ!
(あぁ!火がついてきたぞ笑)

日本でいえば1億人の人が住んでいるのに、なんで生き方は決められてるの?

父のいってた「普通の人生」がその人の生き方に合ってることもあれば、自分で会社を作る生き方もある。

日本各地を転々としながら働く生き方が合ってる人もいるだろうし、働かなくても生きていけるんなら、それもまたひとつの生き方。

ようは人に合った生き方ってのは無限にある。

100人いれば100通りの生き方がある。

だから人によって「普通の人生」ってのはまったく違う。

 

「普通の人生」は超絶難しい

だいぶまえに

「普通に生きるって普通に難しい」

って言葉をツイッターで見かけて、「ホントそう!」と思ったことがあります。

 

その当時の僕は、世の中で作られている「普通の人生」を、自分に当てはめて、

「人生って難しい」

なんて思ってました。。

・・・けど、「100人いれば100通りの人生があるんだな」と思ったら、

まず普通に生きれなかった自分を許すことができました。

そして、自分が本当にやりたいことが見えてきました。

いまはそのやりたいことに全力で打ち込んでます。

 

普通の人生は、普通に難しいよ。超絶難しい。

けど、自分の中の普通を大事にして生きていれば、もっと楽に生きれるんじゃないかなぁ。

なんども言うけど、人それぞれに合った生き方って絶対にあるはず。

 

自分の中の「普通」をつくる

世の中、いろんな生き方が示されている。

僕も何年も本屋に通っては、そこに正解が転がってるんじゃないかと思ってた。

・・・けど、そこに正解は見つからなかった。

 

「普通」は、自分の中にしかなかった。

 

どこかの著名人が言った名言が、他の誰かにあてはまるわけじゃない。

結果を出したその生き方で人生歩んでも、同じ人生送れるわけじゃない。

・・・なら、自分がいいと思った生き方で生きる。

誰かの生き方に自分の生き方を当てはめる必要なんて絶対にない。

 

誰の人生とも比べず、自分を基準にした、自分の心が大事にしている「普通」にしたがって生きることができれば、

どんな人生送ろうが、きっとそれは幸せなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です