「好きなことが見つからない」ことが強烈なコンプレックスだった

おはようございます。

健康のために毎朝ストレッチをしてて、
その時間を使って、毎朝YouTubeで著名人の音声を聴いてるんです。

これがなかなかよくて、自分にない考え方を得られるんです。
これ、おすすめ。
(もともと意識高い系。能力の伴わない)

 

 

そんで今日も音声流そうと思ったんですが、

「日曜の今日ぐらい、頭を使いたくないな」と。

 

で、聴いたのが音楽。久々の「くるり」。

めっちゃいい。

10年以上前に聴いていた音楽が、今聴いても良いと思える。
流行りとか関係なく、何年経っても響く音楽って本当に素敵だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで自分には、たくさんのコンプレックスがあった。

容姿系のコンプレックスから始まり、
人見知りや不器用さなど、あげたらキリがない。

その中でも高校卒業したあたりからずーっと持っていたのが

「好きなことがない」
というコンプレックスだった。

 

高校時代、一緒に遊んでいた友達たちは、
自分以外みんな東京の音楽の専門学校に行った。

一人地元の工場に就職した自分の
「人生これでいいのか感」
がハンパなかった。

その後1年で会社を辞めて、チャリで日本一周をした。

何かが変わると思った。
その旅の途中で、自分にも「好きなもの」が見つかると思ってた。

たくさんのものを得たが、
僕が欲しかった「好きなもの」はけっきょく見つからなかった。

 

 

 

 

本屋に行けば「好きなことで生きろ!」という類の本がたくさん並んでいた。

「分からないよ」と心で叫んだ。

 

夢を叶えるために日々奮闘するドキュメンタリー番組を見ては、強烈な嫉妬心から

「ふん、叶わなければいいのに」と思った。

 

誰かに相談するたび「きっとそのうち見つかるよ」と言われた。

その人たちの言葉を信じることができなかった。

 

 

 

本当に悩んでいた。苦しかった。

今思えば絶対にそんなことはないんだけど、
当時はなぜか自分の価値にまで関係してくることだと思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・もし今、当時の自分に再会できるとしたら、言いたい。

「別に仕事になるものだけが、好きなことじゃないよ」って。

 

そう、僕の中の「好きなもの」というのは「仕事になる」ことが前提だった。
それで飯を食っていくということが。

「好きなことで生きていく」
という言葉が僕の中で輝きすぎて、
もともと好きだったことの存在を忘れていた。

 

 

辛い時、イヤホンを耳に突っ込んでボリュームをあげまくって、音楽に溺れた。

野球をしたら嫌なことを忘れられた。

今みたいに、ネット上に文章を書いては、自分のモヤモヤを吐き出していた。

 

仕事にならないと思っただけで、自分にも好きなものがあった。

 

 

 

 

その当時悩んでいた時に聴いていた音楽を聴いて、
ふと思い出したので、文章にしました。

音楽って本当に良い。大好き。

今、自分が歌を歌っていて、好きじゃなくなる瞬間が来るのかな?と思ったりもするけど、
そんなことはない。本当に好き。
音楽の活動を辞めたくなることはなんどもあるけど、音楽は嫌いにならない。

 

うまく言えないんですが、
「自分の好き」を大切にするって、
すごく良いことだな、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、、、、

「仕事にならなくても好きなものは好き」
と書いておいてなんですが、

今ぼくは、その「好き」を仕事にしようとしています。

世間から見れば「30歳にもなって音楽?」ってみられる気もしますが、
そうしたいんだから仕方ありません。

 

そんな自分の生き方に、ほんの少しでも興味を持って、見守っていただけたら幸いです。

・・・・すいませんうそつきました。

見守るだけじゃなくて、応援してほしいです!!!

ブログ、毎日更新していくので、よろしければ見てください!

 

 

 

◆今日できたこと

・ブログを書く
・朝のストレッチ
(朝なので、これから色々やります)

 

◆今週の目標

・一つ一つの時間を決める

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。