29歳が「夢を追うのに年齢は関係ない」と思えた2つの出来事

どうも、29歳から本気で音楽で食ってこうと思ってる猿吉です。

ハタからみればアホですよね。

30歳手前で「俺は音楽でデビューするんだ!」って思うの。

だから人前では、そんな夢、言えません。

悔しいけど、心のどこかで「恥ずかしい」って思ってしまいます。

・・・でも、それでも叶えたいんです。人生一回きりだから。

 

ただ、年齢的にかなり厳しいのは分かってます。

20歳の人が「ギターもろくに弾けないけど、今なら歌手になる!」っていうのと、

30歳が同じセリフ言うのじゃ、まったくの別物。

 

だから、心のどこかで「やっぱ厳しいかなぁ・・・」と思ってました。

そんな自分が、

「夢に年齢なんて関係ない!俺でもいける!」

って思えた出来事が2つあったんです。

今日はそんなことを書いてみようと思います。

 

29歳が「夢を追うのに年齢は関係ない」と思えた2つの出来事

あるライブで出会った人「俺は30歳過ぎてから音楽始めたよ」

僕がよくやらせてもらってるライブハウスで、募集制のイベントがあります。

申し込めば誰でもライブできるイベント。

そのライブで共演した方で、すげー音楽やる方がいたんです。(語彙力)

音楽はシンプルなんだけど、想いがすごく伝わって。

ほんとうに久しぶりに、音楽で泣きました。

 

そんな方とライブ後にお話させていただいた時、

「僕なんか31歳で音楽始めたよ」

って言ってたんです。

この言葉を聞いた時、ほんとうに勇気をもらったのを覚えてます。

30歳過ぎてから音楽やるって、言葉では簡単に言えるけど、実際はいろんなしがらみがついてくるはず。

それでもミュージシャンとして音楽を始め、なんとご自分でライブハウスまで経営するという、

もうまさに「人生何が起こるか分からない」を体現されている方でした。

 

その日のうちにCDを買って、部屋に飾りました。

このCDを見るだけで、今でもあの日のことを思い出す。

 

30歳で画家になった人の存在

そしてもう一つあります。僕が勇気をもらってる存在。

それが宮森さんという方です。

 


宮森さんは30歳ぐらい(正確な年齢は分からないけど僕より年上)で画家になった方です。

もうほんとうに「すごい」としか僕は表現できません。

しかも作品も良い。こちらからいろんな作品が見れます。

僕もライブの時は毎回宮森さんの作品が描かれたTシャツを着ています。

 

宮森さんのすごいところ、あげたらキリがないですが、

そのうちの一つは「夢や目標を公言している」こと。

例えば「ニューヨークで個展する」とか。

目標を周りに向けて口にするって、ほんとうに簡単なことではありません。

僕自身、今ボイトレに通ってるんですが、

用紙に「当校に通う目的はなんですか?」ってアンケートで、

本当の理由書くのめちゃくちゃ勇気入りました。

右手が震えた。

書いたけど。「プロになるため」って。

 

話がそれたけど、やっぱり宮森さんの存在はでかいです。

このかたの存在があるから、僕は夢を目指せる。絶対つかむ。

 

人生一度きりだから、夢を追うのに年齢は、やっぱり関係ない

僕の座右の銘は

人生一度きり

今どんだけ笑われても、「無理だよ」と鼻で笑われても、人生は一度きりなんです。

それなら周りの評価を気にして動かないんじゃなく、やっぱり自分の想いに沿って行動したい。

だから、僕は夢を目指す。

・・・そして、もしこの記事を読んでる方で、心当たりがあるなら、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでも誰かの背中を押せることを願ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です